モグワンで犬の涙やけ改善!?5つの原因とその対策

     

100円でここからモグワン試せます

       

トイプードルなどの小型犬に多い病気として、”涙やけ”があります。

特に毛色の薄いタイプだと目立ちますよね。

“涙やけ”の主な原因は、お手入れ不足というケースは少なく、生まれ持った体質的な場合と、排泄・食物が関係しています。

 

そもそも犬の涙やけが起きるのはなぜか?


涙やけはその文字の通りで、涙の量が多いことが主な原因で起こります。

ではなぜなぜ涙が大量に出てしまうのかというと、それは「流涙症」という病気が主な原因です。

元々涙は、涙腺→涙管→鼻へと排出されるんですが、何らかの要因で過剰分泌されてしまい、涙を流し続けているという状態になってしまいます。

涙の量が多くなる場合や、涙が涙管から鼻へと流れる際に、その通り道が狭くなって、眼の周りに溢れてしまった涙が、毛色を赤茶っぽく変色させてしまう症状をさします。

かかりやすい犬種としては、トイプードルをはじめ、ポメラニアン、パグ、チワワ、テリア等、目が大きく鼻が短い小型犬によく見られます。

本来犬は、人間の様に「嬉しい」「悲しい」といった感情で涙を流す動物ではありません。

過剰にな涙が分泌されるには何らかの原因があり、代表的なものは以下のものです。

  • 目にゴミや毛が入っている場合
  • 涙腺、涙管等、器官的な欠陥がある場合
  • 花粉症や食物アレルギーなど体質的な問題
  • 排泄(おしっこ)環境のトラブル
  • 食物に問題があり、涙腺を詰まらせている

 

 

1.目にゴミや毛が入った場合

目にゴミというのは、人間にもよくある事なので、基本的にはそのゴミを取り除いてあげれば心配はありません。

毛や睫毛が入っている場合は、トリミングの工夫で回避しましょう。

また、どうしても取り除くのが難しいと思われたら近くの動物病院などに相談されてください。

どちらにせよ、原因が目に入ったゴミが原因の場合は、取り除くだけで回復します。

 

2.涙腺、涙管等、器官的な欠陥がある場合

パピー時代から継続して涙の量が相当多い状態が継続される場合は、生まれ持った欠陥が考えられます。

この場合では、飼い主さんだけでは解決はかなり厳しいので、病院に相談することをおすすめします。

パターンとしては、外医薬での治療や、重度の場合は手術が必要な場合もあります。

 

 

3.花粉症や食物アレルギーなど体質的な問題

決まった季節や場所で涙が大量に出る場合は花粉症、目元だけではなく全身の毛色に変化があったり、発疹や痒がるしぐさが多発する場合は、食物アレルギーの可能性があります。

アレルギー検査には多額の費用がかかりますが、愛犬の状態を確認するために、気になるなら受けてみるのも一考です。

 

 

4.排泄(おしっこ)環境のトラブル


起きた直後のおしっこは若干色が濃くなりますが、日中、いつでも濃い黄色いおしっこをしている場合は、要注意!水分が足りていないことが考えられます。

水分が足りたいと、身体の中の老廃物がおしっことして排出されず、目、耳、毛穴など、身体中の「穴」から滲み出てきます。

水分の不足は、涙の過剰分泌と切っても切れない関係にあるのです。

 

5.食物に問題があり、涙腺を詰まらせている

ドッグフードやおやつによっては、何らかの添加物が付加されているケースは少なくありません。

添加物や質の悪いタンパク質は、涙管をはじめ、愛犬の様々な「穴」を詰まらせる原因となります。

人間にとっては少量だろうなと思う量だったとしてもペットの体重から考えると相当な量になります。

もし、あなたが、家族同然とワンちゃんの事を考えるなら、安く大量に買えるドッグフードは避けてください。

 

また、どんなドッグフードなら涙やけになりにくい、涙やけ改善し易いのかという方もいらっしゃるので、1つだけオススメとしてあげるならモグワンをおすすめします。