モグワンドッグフードが皮膚アレルギーに対しても効果的と話題になっている理由とは?

     

100円でここからモグワン試せます

       

モグワンドッグフードが様々なアレルギーに対しても効果的と話題になっている理由とは?

愛犬のアレルギーに悩む飼い主さんは、意外と多いのではないでしょうか?

アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患は、じつは、人間だけでなく、犬などの動物にも見られます。

原因は、遺伝的なものや体質もありますが、遺伝だけで済ませるならば、もっとずっと昔からそのアレルギーがひどくないと辻褄があいません、遺伝以外でいえば、大きく影響しているとかんがえられるのは、犬の食生活です。

そのためにアレルギー改善には、ドッグフードを変える事も十分視野にいれる事も重要な事です。

今回は、モグワンという、愛犬家が作る愛犬用ドッグフードがアレルギーだけではなく、健康的にも有効というオールマイティな事や、アレルギーの原因などをまとめてみました。

 

そもそも犬のアレルギーの原因は何なのか?

犬のアレルギーの主な原因は、犬の種類にもよりますが、一般的には、ノミ、ダニ、カビ、花粉、ハウスダスト、洗濯剤や柔軟剤などの化学物質と言われます。

しかし、これらに加え、約50%の犬が食物アレルギーを併発していると言われています。

それは、離乳時期にも関係しています。

食物そのものに対するアレルギーについては、母乳以外のものをはじめて体の中に取り入れる『離乳期』にカギがあるといわれています。

それは、消化の不十分な状態でも吸収してしまうことを未熟な消化機能の幼獣期に体験すると、アレルゲンになる食物も腸を通過して体内への侵入を腸の粘膜を守る免疫がすくない事で許してしまうからです。

 

離乳時期に、一般に市販されてあるから、大丈夫だろうという事で知らずに、実は、粗悪なドッグフードを食べさせてしまったという場合による弊害とも言えるかもしれません。

  • そもそもが小麦や、穀物ベースがワンちゃんに合っていない。
  • 粗悪な4Dミートと呼ばれる、廃棄レベルのタンパク質を無理やり加工している。
  • 粗悪な原材料でも食いつきを良くするために、添加物や、動物性の脂質をまぜてある。
  • 腐りにくくするために、発がん性の可能性がある防腐剤や、発がん性がなくても身体には良くない防腐剤が使われてある。

 

こういった材料が、アレルギーを引き起こしている可能性があります。

 

であれば、まず、上記のような粗悪なドッグフードを、愛犬家が愛犬の為でに考えて作っているドッグフードを与えてみるというのも1つの方法です。

 

 

愛犬のアレルギーを起こさないための食材とは?

犬の食物アレルギーを起こさないためには、下記のポイントに気を付けることが大切です。

 

  • 食物アレルギーを起こしにくい原材料を使用した食品を選ぶ
  • 消化吸収のよい食材を使用した食品を選ぶ
  • 皮膚細胞をサポートする成分を含有する食品を選ぶ

 

具体的には、人間でも食べられるような食材から作られている事と、グレイン(穀物)フリーである事、また添加物や、ワンちゃんの身体に悪い防腐剤を使用していない事が必須です。

 

 

 

モグワンドッグフードに含まれる材料って何?

モグワンドッグフードが、食物アレルギーによる皮膚疾患を起こしにくい理由は、その成分にあります。モグワンドッグフードに含まれる食材は、下記の通りです。

チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、
サツマイモ、
豆、
レンズ豆、
ひよこ豆、
ビール酵母、
アルファルファ、
ミネラル、
ビタミン、
ココナッツオイル、
バナナ、
リンゴ、
海藻、
クランベリー、
カボチャ、
カモミール、
マリーゴールド、
ダンデライオン、
トマト、
ジンジャー、
アスパラガス、
パパイヤ、
グルコサミン、
MSM&コンドロイチン

こちらを見ても分かるように、人間でも食べられるような成分からできています。

 

また、消化吸収のよさもポイントです。

 

理由は、もともと肉食である犬が無理なく消化吸収できる動物性のたんぱく質を50%以上含むことです。

 

犬が消化吸収を苦手とする穀物は一切含まれておらず、添加物も使用していません。

 

 

その他、野菜やフルーツがふんだんに含まれており、ビタミンやカロチン、ミネラルなどの皮膚細胞をサポートする成分がたくさん含まれています。

 

 

 

モグワンドッグフードによる効果が表れるのは3ヶ月後?

モグワンドッグフードの効果が体に現れるまでは、個体差がありますが、平均的には、おおよそ3ヶ月ほどかかります。

その理由は、生物の細胞の生まれ変わりは、おおよそ3ヶ月くらいで入れ替わるからです。

 

 

なので、食べ物の影響がでてきたかどうかは、同じ食べ物を3ヶ月間は与えてみましょう。

もちろん、食べてなにか異変があったりした場合は獣医師に相談しましょう。

 

 

 

モグワンドッグフードが体に働きかけるしくみとは?

 

モグワンドッグフードが涙やけや皮膚アレルギーなどの症状に効くのは、未消化の食物や添加物などが発する有害物質を排除する効果にあります。

 

消化吸収しやすい動物性たんぱく質により、しっかりと栄養が吸収できますし、逆に、消化吸収しづらい穀物や添加物などが蓄積してアレルゲンになったり、鼻涙管を詰まらせる心配もありません。

 

今まで質の悪いドッグフードなどを食べていた場合は、未消化の食物や添加物などによる毒素が体に蓄積されていますので、これらを取り除くまでの時間が必要です。

また、人口の香料や、強い味付けが市販のドッグフードにはなされている場合が多いので、もしかしたら、最初モグワンの食いつきが悪い場合があります。

この場合は、モグワンになれるまで、食べない時は容赦なく食事用の皿を下げてください。

空腹になれば、すぐ食べるようになります。
(犬は、年齢にもよりますが、水だけでも、基本は3日程度は余裕で過ごせます。)