モグワンドッグフードは子犬でも食べさせていいですか?生後3ヶ月以上なら大丈夫です

     

100円でここからモグワン試せます

       

モグワンドッグフードは子犬でも食べさせる事はできますが、いくつか注意があるので、それを守ってください。
モグワンは、全犬種対応の総合栄養食ですが、ワンちゃんの年齢や体重で、あるていど食べさせる量が基本決まっています。

成犬はもちろん、子犬にも食べさせることが可能です。

このページを見ている方は、生後どれくらいから可能なのかを知りたいはずですよね?

月齢によっては食べられない期間はあるのでそれを調べてみました。

 

モグワンドッグフードの裏表記

公式サイトによると、子犬の場合は、4ヶ月~12か月以内となっています。

 

子犬(4月~12ヶ月)の場合

体重 1日の給与量
1kg~1.5kg 41g ~ 55g
1.5kg~2kg 55g ~ 68g
2kg~2.5kg 68g ~ 8g4
2.5kg~3kg 84g ~ 93g
3kg~3.5kg 93g ~ 102g
3.5kg~4kg 102g ~ 110g
4kg~4.5kg 110g ~ 119g
4.5kg~5kg 119g ~ 128g
5kg~6kg 128g ~ 145g
6kg~7kg 145g ~ 163g
7kg~8kg 163g ~ 180g
8kg~10kg 180g ~ 215g
10kg~12kg 215g ~ 250g
12kg~14kg 250g ~ 285g
14kg~17kg 285g ~ 337g
17kg~20kg 337g ~ 390g
20kg~23kg 390g ~ 442g
23kg~27kg 442g ~ 512g
27kg~30kg 512g ~ 564g

体重によって給与量の目安が決まっています。それ以上の月齢の場合は、成犬扱いで、やはり、体重ごとに給与量が定められています。

注意点としては、同じ体重でも、子犬と成犬では、給与量に差があることです。

成犬の場合の給与量(1年以上)

体重 1日の給与量
1kg ~ 1.5kg 33g ~ 45g
1.5kg ~ 2kg 45g ~ 56g
2kg ~ 2.5kg 56g ~ 68g
2.5kg ~ 3kg 68g ~ 76g
3kg ~ 3.5kg 76g ~ 83g
3.5kg ~ 4kg 83g ~ 89g
4kg ~ 4.5kg 89g ~ 96g
4.5kg ~ 5kg 96g ~ 104g
5kg ~ 6kg 104g ~ 118g
6kg ~ 7kg 118g ~ 132g
7kg ~ 8kg 132g ~ 146g
8kg ~ 10kg 146g ~ 175g
10kg ~ 12kg 175g ~ 203g
12kg ~ 14kg 203g ~ 230g
14kg ~ 17kg 230g ~ 273g
17kg ~ 20kg 273g ~ 316g
20kg ~ 23kg 316g ~ 358g
23kg ~ 27kg 358g ~ 414g
27kg ~ 30kg 414g ~ 457g

 

例えば、1~1.5キロの体重の犬の場合、一日の給与量は、子犬では、41~55グラムとなっていますが、成犬の場合だと、33~45グラムが適量と書かれています。また、27~30キロの犬の場合は、子犬だと、512~561グラム、成犬は、414~457グラムとされています。

同じ体重でも、成犬より子犬の方が給与量が多いというのが、気を付けるポイントですね。

また、月齢が3ヶ月以下の場合は、サイトの表中には記載されていないので、生後3ヶ月まではモグワンは与えないようにしましょう。

 

モグワンドッグフードが子犬にも安心なわけ

犬に最も必要と言われる栄養素は、たんぱく質ですが、もともと肉食である犬にとって、植物性よりも動物性の方が体に合っています。

一般市販のドッグフードは、原材料のほとんどを、小麦や、とうもろこしが主原料となっています。
これは、もうこの時点で、ワンちゃん達の消化吸収に負担を与えてしまっているというのと、主原料が、炭水化物なので、もともと食いつきが良くない原材料なので、食いつきを良くするための臭い付けの添加物や、粗悪な処分寸前の廃棄肉などでごまかしていて、さらに、食べ物が腐らないように発がん性の保存料が含まれていたりします。

モグワンでは、そのようなマイナスになる原材料がそもそも入っていません。

保存料にしても、自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)を使用しています。

モグワンドッグフードの成分は、犬にとって消化しやすい動物性たんぱく質50%以上でできています。

その他、ビタミンやミネラル、オメガ3、ココナッツオイル、グルコサミン、コンドロイチンなどの体にいい成分が含まれ、子犬の成長に必要な栄養を満たしています。

逆に、消化しにくい穀物類は一切使用されておらず、成長過程の子犬からシニア犬まで、安心して消化吸収できる高品質なドッグフードなんです。