ドッグフードは酸化すると超危険?モグワンも同じ?正しい保存方法がこれ

     

100円でここからモグワン試せます

       

良いドッグフードであるモグワンも、開封してからはどうしても酸化してしまいます。

出来る限り酸化を遅らせることが、ワンちゃんの健康につながる事になります。

これは、モグワンでも同じ事なので、保存方法などをまとめてみました。

 

どんなドッグフードも袋詰めされた時点から少なからず酸化は始まっています。

とくに安いドッグフードなどは開封前といえども劣悪な環境で長期輸送・保存されていた可能性が高い為危険な物質に変わっている可能性があります。

 

酸化するって良く聞きますがどういう事なんでしょうか?

ドッグフードにかかわらず、一般的に食べ物は空気に触れることで酸化を起こします。

空気中の酸素と食べ物が触れることで過酸化脂質に変質します。いわば一種の腐敗とも言えます。

そして酸化したものを食べると消化に負担が掛かるだけでなく、ワンちゃんの身体が酸化して細胞が老化していくことを進めてしまうんです。

 

 

実はドッグフードは特に酸化しやすい!??

酸化しやすい代表格なのか「油」です。

ドッグフードには下記のような目的をもって油が多く利用されています。

食いつきをよくするために油でコーティング(べたべたする原因でもあります)しています。

原材料の表記としては、動物性油脂・植物性油脂といった記載があります。

 

犬の皮膚や被毛(毛艶や毛並)のために各種オイルが使用されています。

原材料の表記としては、サーモンオイルや亜麻仁油オメガ3.6などといった記載があります。

 

 

多くの粗悪なドッグフードは食いつきをよくするために動物の油でコーティングしています。

 

穀物(小麦やとうもろこし)がメインだったり、肉たっぷりと言いながら実際は肉以外の肉副産物(骨や毛皮など)メインだとどうしても食いつきは悪くなってしまうんです。

当然ですよね、犬は本来肉食なので、小麦粉とか、とうもろこしとか出されても食べないし、粗悪な肉などを使っても美味しそうになるはずはありません。

そのため安価なドッグフードには動物性の油でコーティングしているんです。

 

なので、この酸化の問題については、まず、粗悪な材料や動物性の脂で作られているドッグフード以外を使用することで、酸化の原因をかなり減らすことが出来ます。

 

酸化したドッグフードの犬への影響は?

 

まず酸化したドッグフードの変化として

  • 臭いがきつい
  • よりべたべたする
  • 犬の食いつきが悪くなる
  • (ひどくなると)下痢や嘔吐の症状がみられる

などが挙げられます。

 

でも実際は注意深く気にしていないと見過ごしがちな変化。とくに何でも食べる食欲旺盛な子であれば気づきにくいかと思います。

酸化した過酸化脂質という物質を摂取し続けると、健康被害(動脈硬化、ガン、アレルギー、心臓疾患)などの原因となります。

また老化の原因である活性酸素を増加させることにもなります。

 

ドッグフードの酸化を防ぐ条件とは?

ドッグフードが酸化する条件として

  • ①空気に触れる
  • ②高温多湿
  • ③光(直射日光/照明蛍光灯)

の3つが大きな要因となります。

なので、この状況を作らないようにすれば、酸化を極端に抑えることが出来ます。

蛍光灯の光も酸化の原因というのは以外だと思う人は多いのではないでしょうか?

という訳で3つの要因に注意していただければ解決します。

 

以下にそれぞれの対応方法を記載しておきます。

 

 

ドッグフードの酸化を予防する正しい保存方法!

(1)袋を密閉容器にいれる

開封した袋をそのまま大きめのジップロックなどに入れて、袋を抑えて空気を少し抜いた状態でチャックを締めて密閉したり、密閉された米びつ容器などに入れ替えるという方法などもあります。

 

中身が透明なので、新聞などで包んだ方がいいかもしれません。

こういった容器だと餌を皿に出す時も簡単で便利だったりするので、空気に長く触れる時間も短くすみます。

また、横向きに冷蔵庫にも入れれるので、長く保存しやすくなります。

ただ、冷蔵庫に保存する場合は、結露による水分が考えられますので、容器の中に食品用のシリカゲルなどの乾燥剤の分包を入れておくといいでしょう。

(2)密閉容器は冷暗所へ

例えばしっかり密閉している状態でのオススメは、先程のような密封した容器にいれて、よければ乾燥剤も入れた状態で冷蔵庫保存はとても有効です。

また、家庭によっていろいろではありますが、キッチンなどは高音多湿になりがちなので避けたほうがいいかもしれません。

廊下などのあまり明るくない所で保存するようにしましょう。

 

(3)できるかぎり1か月で使い切る

いくら密閉容器に入れて冷暗所で保存していたとしても、それが長期保存になってくるとそれだけ開け閉めで空気に触れますのでどうしても酸化します。

ですので大袋の方がお得ですが出来るだけ1ヶ月以内で食べきれる量を選びましょう!

 

どうしても1ヶ月で使い切れない場合の対応はどうすればいい?

1食分をジップ付きの袋などに小分けにして密閉保管します。これで出し入れの時間が少しでも減らせます。

また小分けにする時に、袋の中の空気を出来る限り抜いて封をするようにしましょう。

 

人工保存料を使用していない良質なフードは特に注意が必要です

良質なフードなのに注意が必要なの?と思われるかもしれませんが、使用している人口添加物の違いで酸化防止効果は変わってきます。

むしろ良質なフードほど、保存しにくいという事になってしまいます。

ですが、前に説明しているように、密閉して空気に触れ続きにくいように保存すれば、そこまで問題なく保存もしやすくなるとおもいます。

 

粗悪なフードに入っている酸化防止剤のBHAに注意!

原材料を見てみると安いドッグフードなどには、BHAやBHTなどの酸化防止剤が入ってたりします。

こちらは動物性の油などの酸化を防ぐために非常に効果の高い酸化防止剤です。

一般的に安価なドッグフードで良く使用されています。

 

 

優良なドッグフードの酸化防止剤はハーブやビタミンEを使用でBHAよりは酸化防止の力は弱い

当サイトで安心できるおすすめのドッグフードとして紹介しているモグワンドッグフードは人口の粗悪な添加物を使用せず安全性の高い原材料で作られています。

モグワンであれば天然のハーブやビタミンEが配合されており、これらが安全な酸化防止剤・防腐剤の役割をしています。

 

ちなみにですが、酸化防止剤のBHAというのは、もともとはガソリンの酸化防止のために合成された化学物質なんです。

 

どう思われますか?

 

ガソリンの酸化する化学物質を、配合しているドッグフード

 

食べさせたいですか?

 

そして、酸化防止剤のBHAは、動物実験の結果発ガン性、歩行障害、呼吸困難、消化器官の出血、肝臓のうっ血があることが確認されている大変危険な物質です。

たしかに酸化はしてほしくない変化ですが、それを避けるためにもっと危ない成分を使用するという事を考えると、何のために酸化防止剤としてBHAを入れているかまったくわかりません。

 

 

例えばですが、人間用の食べ物にも、過去いろんな食品添加物の問題がありました。今でも少なからずあると思います。

それでも、過去よりは、かなり厚生労働省によって制限されるようになりました。

その頃も、小さな子供やお年寄りを中心に、健康被害が多数報告されました。

その時も、食べる人の事よりも、生産して売る側の理屈で粗悪な添加物を使用された流れがあります。

 

もしあなたの、お子さん、奥さん、兄弟、親、友達がいて、発がん性が確認されてるような化学物質が含まれている食べ物を食べさせますか?

 

きっとしないと思います。

 

ちょっと話しが逸れましたが、大事なワンちゃんの可愛い姿を生かすのも殺すのも飼い主さん次第です。

このページでは、酸化防止する為の方法を書きましたが、酸化よりも比較にならないくらい危ないドッグフードをもし与えてあるんであれば、安心は、ドッグフードに変えていただければ幸いです。